2015年08月14日

夏の思い出 Bornelund Kid-o-kid(キドキド)

夏休みと称して保育園をお休みし、子供の遊び場キドキドへ行ってきた。

Kid-o-kid-1.jpg

我が家は6月に夏休みを取って小豆島〜姫路、ディズニランドを楽しんだので、8月は平常営業。でも、世の中は夏休みなのでどこかへ連れていってあげなきゃ!ということで近くだけどキドキドで沢山遊ぶことにした。

娘が生まれたころは、松戸市内には児童館くらいしかなく・・・越谷レイクタウンやレイクタウンのSkip Kidsへ行ったりして遊ばせていたので、伊勢丹にSkip Kidsとキドキドができたのはとても便利。Skip Kidsは親子カフェでカフェに小さな子供の遊び場が併設されているもので、キドキドは室内の遊び場。雨の日や、時間はあまりないけれど、体を動かせてあげたいという時などに時々利用している。特にキドキドは、室内ながらも走ったり飛び跳ねたりといった激しい運動ができるのがとても魅力的だ。

kid-o-kid3.jpg

夏休み期間中とあり、パパやおじいちゃん・おばあちゃんと来ている子供たちも多く、とても混みあっていた。(写真は入場したばかりの10時半くらいのものなので、まだまし)

kid-o-kid2.jpg

こちらは赤ちゃん(6ヶ月〜18ヶ月)のコーナーなのだが・・赤ちゃんは少なく・・常に数人程度。ほぼ貸し切り状態で楽しめた。ハイハイより先につかまり立ちをマスターした息子にハイハイの練習をさせたかったのだが・・その気はなく。笑 やっぱりつかまり立ち、段差上りなどをやるのみ。ま、いいんだけど。

この日は10時半くらいに入場し、早めにランチのため一旦退場。ランチのあと再入場して3時間くらい遊んでいた。平日フリーパス \1,700(親1人、子1人)を利用して、息子の分は時間制で入場した。(初めの30分が\500、その後は10分\100)

遊んだあとはおやつにかき氷を食べて帰る、という夏っぽい締め。夕食の買い物をしていたら娘はバギーで、息子はエルゴでぐっすりお昼寝に入っていた。「帰りたくなーい!」と言わないくらい楽しめたようで、でも楽しいと疲れるようでいい時間を過ごせてよかった。

本当は、いつも頑張っている娘と二人で遊んであげたいのだが・・・まだ赤ちゃんの息子の世話で忙しくてなかなかできずにいる。楽しかったー!とは言ってくれたのだが、、この週末こそ夫に娘と二人時間を少しもらって遊べるといいなと思っている。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161460927
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック