2012年11月21日

江戸川散策(里見公園-矢切の渡し)

仕事はいつも通り、保育園もいつも通りなのだが・・。朝6時前から娘の眠る21時までは全く時間がなく、その後旦那さんの夕食を作り、掃除・洗濯などをしているといつも22時を回ってしまう。私の家事、もしかして効率が悪いのかしら・・。

さて、先週末いい休日を過ごしたのでそのことを少し。

edogawa01.jpg

ちょっと里見公園まで行くつもりが・・近いから矢切の渡し?そして渡ればそこには帝釈天と、かなり充実した散歩になってしまった。まずは千葉県サイドの里見公園から。

satomikouen01.jpg

里見公園は市川市国府台にある地元民で賑わう公園。
ドイツのローゼンハイムとパートナーシティらしく、さまざまな種類のバラが植えられていた。春の花見の名所のようだが、この時期は紅葉した木々もなかなかきれいだった。

子どもの遊ぶ遊具もあるし、ちょっとした芝生もある。
広場の外側はちょっとした散歩コースになっており、江戸川の向こうに東京スカイツリーがきれいに見える。子連れ散歩にとてもお勧めの公園と言える。。

ここまで来たのだから、以前から気になっていた矢切りの渡しへ行ってみることに。
矢切の渡し付近にはバス停があるだけで・・・他にあるのは矢切葱畑・・。

yagiri.jpg

江戸時代初期に幕府によって設けられた地元民の足となる渡し場の一つで今残るのはここ矢切だけ。知名度の割には周りに何もなく・・柴又から来た人たちはそのまま引き返すしかないのが残念。

yagirinowatashi.jpg

yagirinowatashi02.jpg

東京側の桟橋。千葉側もたいして変わらない・・。
それにしても、この時代に車で渡れば一瞬の江戸川を渡し船で5分少々かけて渡ってみるのも悪くないなぁという感じだった。

ここまできて引き返すのも何なので、この後は柴又の帝釈天へ。
その話は次回また。
タグ:市川市
posted by HOSHINO at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 松戸・千葉 Matsudo, Chiba
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60210014
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック